シグマ EF-610 DGシリーズ

シグマが、売り出ししたEF-610 DGシリーズはクリップオンスタイルのストロボ(Strobe)です。
各作製専門業者のデジタル一眼レフに対応しているストロボ(Strobe)です。
キャノン用とニコン用が、いまや売り出しされていて、2011年3月には新たにペンタックス用を売り出ししています。
このシグマ EF-610 DGシリーズにはワイヤレスシステムやスレーブ発光、FP発光やモデリング発光、後幕シンクロシステム等が、ついている多システム型のSUPERとこれらのシステムは省いてあって基本スペックだけのシンプルなSTが、有ります。
EF-610 DG SUPERの長所としては、各作製専門業者の最新TTL自動調光システムへ対応が、できていること。
レンズの画角に照射角を自動的に組み合わせることが、出来るオートズームシステムが、あること。
キャッチライトパネルはアクセント光として扱うことが、出来ます。
カメラから離したエリアで発光させて自動調光させることが、出来るTTLワイヤレスシステムが、ついています。
指定スレーブ発光システムもついているので設定チャンネルが、おんなじならば数多くのものを発光させることが、出来ます。
内蔵ストロボ(Strobe)と同調出来る一定ステップスレーブ発光をすることも出来ます。
強い反射や影をフラッシュ録画前に確認することが、出来るモデリング発光システムもついています。
ハイ・スピードシャッターによる録画にも対応出来るFP発光システムが、ついています。
後幕シンクロシステムそれでは一定ステップ軌跡を再生することが、出来ます。
AF補助光が、あるため物悲しいエリアでの録画に楽です。
活用電源は単3アルカリ電池が、4本、充電時間は7秒です。
発光回数は約120回です。
重さは電池別にして330gです。
作製専門業者希望小売価値は税込みで36,500円です。

スピードライト320EX

キャノンから売り出しされた「スピードライト320EX」はムービー録画用としてやっとLEDライトを採用したストロボ(Strobe)です。
スピードライト320EXの長所を挙げていきます。
物悲しいところでもムービー録画が、出来るなLEDライトを採用していること。
リモコン送信システムを使ってワイヤレスストロボ(Strobe)録画が、出来ます。
カメラにワイヤレスマスターの設定を通してリモコンを受信実態にしておけば離れた位置からシャッターハンドリングをすることが、出来ます。
2秒後にレリーズが、出来ます。
ガイドナンバーを24と32で変更することが、出来ます。
最大のガイドナンバーは32です。
ガイドナンバーはWideで24、Teleが、32です。
Wideのときの照射角が、35mm判で24mm、APS-Cで15mmとなっています。
Teleのときの照射角が、35mm判で55mm、APS-Cで34mmとなっています。
左右上方向にバウンスシステムが、ついています。
バウンス角度は縦が、90度、左が、180度、右が、90度です。
このように多彩なシステムが、ついているストロボ(Strobe)なのです。
本体の大きさは70mm*115mm*78.4mmです。
重さは電池を含まないで275gです。
本体電源は単3アルカリ電池とリチウム電池、ニッケル水素電池が、4本です。
外部電源には対応していません。
発光にかんしては、単3アルカリ電池を4本使ったケース、発光間隔が、0.1秒から2.3秒で発光回数が、約180回から1000回となっています。
カスタムファンクションは4種別有ります。
作製会社希望小売価値は25,000円です。

逆光での録画

外付けストロボ(Strobe)によって屋外で人ものを録画するときのポイント、日陰での録画やり方等をインフォメーションします。
逆光のとき被写体の高さにカメラと外付けストロボ(Strobe)の高さを合わせて録画すると、被写体の髪の毛部位が、光って輪郭を浮き立たせることが、出来ます。
ポートレート等でよく見分ける手法です。
真バックから撮ることで被写体の輪郭をきれいに挙げることが、出来るのです。
これが、さっと右バックからとか左バックからとか斜め後方から等の光で録画すると顔の横部位が、腫れて見えてしまいます。
このような写真は自然光まずは取り敢えず撮れないものです。
ストロボ(Strobe)はTTL調光等にまかせて録画すればいいだけです。
とりわけ外付けストロボ(Strobe)や内蔵ストロボ(Strobe)にプラス補正等をしなくても補正なしで十分にきれいに録画出来ますし、結構直したところで大したチェンジはございません。
反対に順光のケースは光をバックにおかなければいわれが、ございません。
日向で太陽光にかけて被写体が、立つと眼を開けていられないほどの強い光が、降り注ぎます。
その為右前とか横からいかほどストロボ(Strobe)をあててもその光は全く影響しません。
順光のケースけれども外付けストロボ(Strobe)の置き方をアレンジすることで録画効用効験をえるこというのは出来ます。
この状況では内蔵ストロボ(Strobe)だけで録画すると、ストロボ(Strobe)無しとあんまり貫く写真しか録画出来ません。
被写体の真バックにストロボ(Strobe)を捨て置くことで、被写体の輪郭を敢然とさせ美しい写真を撮ることが、出来ます。
太陽と同じ方向にストロボ(Strobe)を設置するこというのは全くいわれが、ないのです。
当たり前ですが、太陽光と違う方向からストロボ(Strobe)を割りあてることでそれなりの効用効験を得ることが、出来るのです。