ハイエンドジェネレーター(Generator)

ストロボ(Strobe)ジェネレーター(Generator)にもカメラ等と一緒で一般に普及している普及機、中級機、高級機等の種別が、有ります。
どのストロボ(Strobe)ジェネレーター(Generator)もプロのカメラマン規格になっています。
中けれどもハイエンドモデルは最新のデジタル技能を取り入れていて普及機には欠けるシステムが、あったり、使い勝手が、よかったりします。
ハイエンド機の長所を挙げていきます。
数多くの出力コネクターのついているものは数多くのチャンネルを独立調光させることが、出来ます。
普及機ではコネクターごとに出力を調節すること等出来るマシーンは殆んどございません。
ハイエンド機のケース、個別に調光回路を割り当てているため出力のコネクターごとに調節が、出来るのです。
これによってますます自由により高度にライティングをコントロールすることが、出来ます。
次に10分のワン段階の調光が、ついていることが、挙げられます。
ハイエンド機の殆んどが、10分の1きざみで光量調節を出来ます。
ライティングを組むときに大変楽なシステムです。
色温度のチェンジが、わずかことも長所の一つです。
ストロボ(Strobe)の色温度は電圧こうしてコンデンサーの容量、放電管との仲によって決まります。
その為出力を入れ換えることで色温度も変わっていきます。
但しそのチェンジを最小限に抑えているのが、ハイエンド機の長所なのです。
機種によっては閃光時間をコントロールすることも出来ます。
またコンピューターをリンクして数多くのジェネレーター(Generator)の設定を記憶させて全体の光量バランスをグルーピングすることも出来るためセッティングを効率よく行なうことが、出来ます。
他にも出力回路特に時間差をおいて発光させることも出来ます。
ハイエンド機では安定した発光や精度をベースとして効率的にストロボ(Strobe)を取り扱えるシステムを備えた高級なジェネレーター(Generator)となっています。

モバイルスタイル

屋外においてもなるべくスタジオに近づけた環境条件で録画が、出来るようにスタジオと同じようなライティングをしたいとかんが、える人が、いっぱいいます。
そのような要望に応えて作製専門業者各社が、大容量のストロボ(Strobe)にも対応することが、出来るバッテリー駆動型のジェネレーター(Generator)の開発を通じているやうです。
近頃はロケ車を使っていますが、、ロケ車はガソリン発電機を積んでいる大掛かりな装置です。
モバイルスタイルのものが、出来れば、そういう大掛かりなものを使わなくても何回でも屋外で発光させることが、出来るストロボ(Strobe)ジェネレーター(Generator)となるのです。
ロケ先ではAC電源を確保することも難しいです。
屋外での録画においてもスタジオ内で扱うフラッシュヘッドとかライトのアクセサリー等が、丸々使えます。
クリップオンとかモノブロックストロボ(Strobe)よりもはるかに大きな光量を得ることが、出来ます。
その為スタイル雑誌の録画や商材録画等に幅広く使われていてレンタルストアーもモバイルスタイルのストロボ(Strobe)ジェネレーター(Generator)は大好評が、高くなっています。
屋外で扱うときに夜間録画となると太陽光が、ないため大大大活躍します。
太陽光が、ある昼間けれども太陽光をメインとしておいてストロボ(Strobe)の光をフィルインライトとして扱うことも出来ます。
逆にストロボ(Strobe)側をメインにしてライティングをおこなうことも出来ます。
このようにして光のバリエーションが、広が、っていくのです。
一括払いの充電で相当数発光させることが、出来ます。
この一つの機材を使うだけでイロイロな録画に対応出来ます。

ニッシンDi866 MARK ⅱ

ニッシンジャパンから売り出しされたストロボ(Strobe)関連の新生産品をインフォメーションします。
従来のストロボ(Strobe)よりも持久性や静音化した改良品を売り出ししたのです。
デジタルTTLストロボ(Strobe)の「Di866 MARK ⅱ」ニコン用です。
おんなじストロボ(Strobe)でキャノン用とソニー用はもう売り出しされています。
Di866 MARK IIの主な規格をインフォメーションしていきます。
対応カメラは、キャノンやニコンやソニーのデジタル一眼レフカメラです。
ガイドナンバーでは、最大60で、照射角については105mm、ガイドナンバー40で、照射角35mmです。
カバー出来る焦点距離は24~105mmです。
電源としては、単3電池が4本必要です。
緑色のパイロットランプのところが、点灯します。
アルカリ乾電池によるケース、発光回数は約150回です。
閃光時間はマニュアルモードで125秒分の1~22000秒分の1です。
節電システムもついていて無ハンドリングときのケース半後に電源が、自動的にOFFするオートパワーOFFシステムが、ついています。
初期値が、半で、10分、15分、半、45分、60分の中から選ぶことが、出来ます。
またディスプレイ切り替えをOFFにするとスリープときのときに液晶画面をOFFとして節電することが、出来ます。
色温度は約5600Kです。
作製専門業者希望小売価値は税込みで49,750円です。
大きさは高さ135mm、幅74mm、奥行き110mmです。
重さは電池を除いた実態で380gです。
調光方式はフルオートとマニュアル設定が、有ります。
調光方式補正システムもついています。
ワイヤレスシステム、ハイスピードシンクロ等も有ります。