コピーライティングの上達法

プロのコピーライターは、優れたセンテンス力を身に着けているだけではございません。

リーディング人の目に留まり、品物を買ってもらう為に、新pasonaの法則等、コピーライティングの技能を修得する努力もしているのです。

新pasonaの法則に従って広告文を書いていくと、お客さんの立場から物事をかんがえられるようになり、リーディング人の心に響くセンテンスが書けるようになります。

ただし、コピーライティングの技能を身に付けるにしても、何度も書くトレーニングをしないと、良いセンテンスは書けません。

コピーライティングが上達するには、ありのままに売上を上げている人のセンテンスを写経して、帰結を出すための型を脳にインプットさせ、何度も何度もセンテンスを書くことが重大ですのです。

そして、自分自身でセンテンスを書いたら、そのセンテンスを創り直して、より良いものにする“推敲”を行ないましょう。

プロだとしても1度書いただけで最高のセンテンスが出来上がるこというのはございません。

自分のセンテンスをリフレーン読んで、客観的な目線から読み易いセンテンスになるように改善しているのです。

推敲のポイントとしては、センテンスを最後まで書き終えて、一晩置く等、少し経ってから推敲に取りかかることです。

なぜなら、時間を置くことで、自分のセンテンスの不自然なところを見つけたり、客観的な立場からセンテンスの悪いところに気づけたりするからです。

近辺にコピーライターをしている先輩がいるのなら、その人から指導やアドバイスしてもらうことも上達につながります。

実力のある人の場合は、自分自身で何度読み返しても気付かなかったミスも見つけてくれますし、コピーライティングの技能も教えてくれるでしょう。

そみたいに、近辺から吸収して、トレーニングを重ねて、自分のものにすることによって、コピーライティングのスキルが上がっていくのです。

ブログにも役立つ新pasonaの法則

日々みたいにブログを書いている人や、ブログを書くことで収入を獲得している人も沢山でしょう。

ブログやセンテンスを書くことに慣れていて、読んでくれる人が沢山なら問題ないですが、なかなか読んだとしてもらえずに悩んでいる人もいるとおもいます

嗜好くらいにブログを書くのなら、読んだとしてもらえなくても困るこというのはないですが、ブログでお金を稼ごうとおもうなら、多くの人が読みたくなる情報の詰まった内容で心を動かすような記事を書く必要が有ります

ですが、人の目を惹く内容を選定して、それに関連する多くの情報を集めて、文法や構成、言葉を間違わないように気を付けながらセンテンスにする、等とかんがえていると、日々みたいに書くのは疲れてしまい、みるみる投稿する頻度も減ってきてしまうでしょう。

そういった状況に陥っている人におススメなのが“新pasonaの法則”です。

新pasonaの法則は、広告文を書くためのコピーライティングの技能ですが、ブログを書く際も有効ですのです。

この法則に従って書くことで、構成の整ったちゃんとしたセンテンスだとしても、ブログのような短いセンテンスだとしても、人を惹きつけるセンテンスが書けるようなってす。

学校では、“作文は起承転結が大切”と教わりますが、これは、最後に“オチ”をつけて話を終えられるように、初めの構成からかんがえないといけないということです。

ですが、センテンスを書く前に、結論をかんがえるのは容易ではないとおもいます。

それが、新pasonaの法則に従って書いていくことで話がまとまらずオチや結論が書けなかった人だとしても、何を書きたかったのか自分自身で確認や再発見しやすくなるので、みるみる書き進められるようなってす。

“多くの人に読んだとしてもらえる、ちゃんとしたセンテンスを書きたい”と思っている人は、願わくは新pasonaの法則を取り入れてみてください。