テクニックだけを習得すれば良いのか?

コピーライティングのスキルを身に付けるには、“新pasonaの法則”といった技能を修得したケースでは有を対象としているものす。

ありのままに、私たちの近辺には、新pasonaの法則の流れで創られた広告がいっぱいあり、多くの人がそれに惹かれて買入しているのです

ただ、新pasonaの法則に従って書いていれば、“容易に“売れるコピー”が書ける”と思っている人も多くいるやうです。

ですが、コピーライティングの技能だけを修得していても、一向に売上にはつながらないでしょう。

なぜなら、技能そのものは、その時代の流れから創られたものですので、時代が変わればその技能は通じなくなってしまうからです。

コピーライティングを修得するための技能というのは、人の心理から編み出されたものですので、今通用する技能だとしても、人の環境条件が変わればかんがえ方や価値観もチェンジすることによって、何年後には全く伝わらないものになるでしょう。

これによって、技能だけを学んでいても、人の目に留まる広告文は書けないということです。

コピーライティングで重大なこというのは、“人の感情を揺さぶること”です。

技能の型にはめているだけでは、絶対に人の心には伝わらないのです

人がお金を出してまで品物を手に入れたいとおもうのは、その品物の広告文を読んで心を動かされるからです。

これによって、人の心に響くセンテンスが書けないと、品物は売れないのです。

“じゃあ、コピーライティングの技能は学ばない方が良いの?”とおもわれてしまいますが、そうことではございません

技能は、読んだ人の心が動くように誘導する手法を研究に研究を重ねて確立されたものですので、修得して得られるものはいっぱいあるはずです。

その技能が土台にあって、人の感情を読み解く力を身に付けることで、売れるコピーが欠けるようなってす。

セールスレターをストーリー形式にするメリット

新pasonaの法則に従って広告文を書く際は、物語や五感を用いて書くことが勧められますが、なぜ、物語を取り入れると良いのでしょう?それは、物語には、人の心を動かす強い力があり、広告文だとしても、読み進めやすくなるからです。

私たち人間は、意識していなくても、物語がお好みだとおもいます。

物語というと、ムービーやドラマ、アニメ、漫画等が有りますが、そのなかで1つは、今までにハマった経験があるでしょう。

ドラマがお好みで毎回欠かさず視聴している人や、気づいたらちびっこが視聴しているアニメに見入ったことのある人等、私たちは物語に感情移入して楽しむ傾向があるのです。

これによって、コピーライティングではも、物語を取り入れることで、中身をしっかり読んでくれる人が増加するとかんがえられます

物語モデルにすることによって、人から信用されやすくなるというメリットも有ります、。

一定段階では、自分の主張を多くの人に信じてもらう為には“実世間一般的証明”の技能を応用しますが、物語モデルにすることによって、そんな証明がなくても、受け入れやすくなるのです。

より一層、物語は人の心に残り易いというのもメリットでしょう。

ドラマだと約1時間、アニメだと約30分ですが、1度しか視聴していなくても、その物語の内容はしっかり残り、1週間後の次回まで楽しみに待つ人も沢山とおもいます

ムービーだと約2時間で完結するものが殆んどですが、感想や感覚方に残った作品なら、何年後だとしても、その内容を覚えているこというのは有ります。

これが大学の講義だったら如何ですか。

たいてい90分の講義ですが、関心のない内容だと、1ヶ月後には完全に忘れてしまうとおもいます。

このことから、物語は“記憶に残る”という見地からも優れていると言えるので新pasonaの法則でセールスレターを書く際は、物語性のあるセンテンスにしましょう。