煽り系のセールスレターは良くないのか?

コピーライティングの技能の新pasonaの法則では、旧バージョンの煽り立ての“Agitation”が、親近感の“Affinity”に変より一層なりましたが、“煽り立てはやってはいけない”というわけではございません。

セールスレターで、読み手を煽るように書くのは、無理に買入させようとているのではございません。

読んでいる人が、気づかないうちに抱えてしまっている問題を知ってもらうためですのです。

これによって、セールスレターには、煽るような文面が必要、ともかんがえられるのです

新pasonaの法則に変より一層なる前に“Agitation”のパートがあったのも、読み手側の心理有り様によっては、少し刺激的な言葉をかけられた方が、相手の心が動くこともあるからですのでしょう

“煽り立てはよくない”“煽り立ては必要”という問題と比べると、読み手の心に響かないセールスレターなら、読んだとしてももらえないし、品物を売ることなんて到底無理でしょう。

購買士気を高めるセールスレターは、“え?実に!?”“どういうこと?”と感情が動かされるのです

これは、読み手が自分の成長をかんがえた時に、恐怖心を覚えたり指摘されたりしたからでしょう。

ですが、読み手のことをかんがえずに、恐怖心を与えるだけのセールスレターは、早速に捨てられてしまうでしょう。

例えば、“女の子にモテるにはどんな服を選べばいい?”と聴かれて“スタイルの問題よりその顔じゃ彼女なんて出来ないよ”と言われたら、頭にきて傷つくだけだとおもいます。

なぜなら、その指摘は聞いた人の成長には全く関係のない答えだからです。

では、このケースのケースでは、成長につながる指摘というのは何ですのでしょう?それは、“服は清潔感を出した方が良いねあと、もう少し明るい表情を見せた方が良いよ”“ちょっとトレンドに後れた感覚だから、雑誌を見ると参照になるよ”“美容院へ行くと、あなたに似合う髪型にしてくれるし、スタイルのアドバイスもきけていいよ”等、その人にとって少し耳の痛い指摘だとしても、的確で納得のいくアドバイスですので、受け入れてくれるでしょう。

つまりは、煽るような書き方のセールスレターは、決して悪いものやウソをついているわけではなく、リーディング人のライフサイクルを変えたいと願って、そんなコピーライティングの表現にしていると言えるのです。

コピーライティングの勉強はテクニックだけではない

コピーライティングを学ぶには“新pasonaの法則”などの技能を修得するのが有を対象としているものすがコピーライティングは、お金をかけずに身近な材料で学業することが出来ます。

街のイロイロな立地や、あなたの通勤中にも、参照になるものがいっぱい見つかるはずです。

まず、少しだとしても気になった広告文はメモしておきましょう。

売れっ子のコピーライターも、目に留まったセールスレターやコピーを書き残しておいて、自分の“バイブル”としているのです。

コピーライティングの知識が全くない人が、広告文をスラスラと書くのは不可能だとおもいます。

優れたコピーライティングは、高いセンテンス力と比べると、人を惹きつける力があるかどうかですので、気になったコピーを集めて何度も見直すこというのは有効な手法ですのです。

街中で見かける広告の中だとしても、看板や電車の中吊り広告は、売上を上げる為に高い広告費を費やしたものですので、かなり質の高いコピーと言えます

これによって、“誰に向けたメッセージなのか?”“この一文から始めた理由は何か?”“何処に関心を持ったか?”“言葉のフォントや大きさ、画像等がアレンジされているか?”等、細かく分析することによって、コピーライティングのスキルはUPします。

人と話している時も、コピーライティングでは学べることが有ります。

それは、話している相手は、どんな背景やかんがえがあって自分に何を伝えようとしているのか、と深くかんがえることです。

そうすることによって、他人の価値観もスコープに入れて、人の心を汲み確保する手並みが身に付くのです。

相手がかんがえる物事の背景にはどんな心境があるのかを会得することによって、おもいやりの心を育て、人の心を動かすコピーライティングが出来るようなってす。

こんな努力を重ねることで、新pasonaの法則などの技能も取り入れ易いくなるのです。