新pasonaの法則を利用する際のポイント

新pasonaの法則に従ってコピーライティングを行なうと、“つい買いたくなる”広告文が書けるようになります

ですが、新pasonaの法則に沿って書いているのに、お客さんがなかなか増えない、というケースではは、大切なポイントをおさえていない見込みが有ります。

それでは、そのポイントに対して案内するので、コピーライティングを行なう際は、忘れないようにしましょう

・自分のこととして受け止めてもらう新pasonaの法則の初めの流れは、お客さんに合わせて問題を提起し、“自分がかんがえていることと同じだ”と関心をもってもらったところで、克服策をわかりやすく解説していきます。

これによって、お客さんが抱えている問題や困っていることをかんがえて、その気味に共感しながら書いていくことが重大です。

・期間や数量の限定を提示し、今すぐ行動してもらう“数量限定”や“期間限定”、“今だけの特典”等、チャンスは今しかないということを必ず伝えましょう

そうしないと、“あったら嬉しいけど、今買わなくてもいいかな”“また今度買入することによっていいや”と思って、そのうち品物のことを忘れてしまったり、気味が冷めてしまったりして、結局買ってもらえなくなります。

これによって、その場で買ってもらうための動機付けとなる言葉を入れましょう。

・買入するための手法を伝える品物に関心をもってもらい、買入まで気味を誘導したら、買入する手法を具体的に提示します。

電話やFAXでオーダーするケースではは、番号をわかり易いところに記載し、ネット申し込みのケースではは、申し込み手法を詳しく解説する等、最後までお客さんが気味よく買入出来るようにしましょう。

買入したいと思っていた人だとしても、申し込みやオーダーなどの手法がわかりがたくて、買入を諦めてしまうケースではも沢山です

それでは、かなりもったいないので、“買いたい”と思ってくれたお客さんの心を離さないように、買入につなげる手法をちゃんと記載しましょう。

新pasonaの法則と同じ構成で作られた人気テレビ番組

コピーライティングで学ぶ“新pasonaの法則”は、以前に、大変大好評のあったあるテレビ番組にも用いられていました。

それは生活情報番組で、その当時、いっぱいの人が影響を受け、番組で案内された食材が、翌日、ニホン中のスーパーマーケットからなくなってしまう、という実世間一般現象が起きたくらいです。

それでは、その番組の流れを新pasonaの法則に当てはめて見ていきます。

・Problem(問題の提起)番組の初めに、司会者がその日のテーマに対して触れます。

“今日のテーマは、納豆ダイエットに対して案内します”という感覚です。

そして、“昔からニホンの食卓に欠かせない“納豆”ですが、実は、驚きのパワーがあることを御存知でしょうか?”と視聴者に関心を沸かせます。

より一層、“もうすぐ夏がやってきます。

ダイエットしないと!と焦り始めている方も沢山のではないでしょうか?”と問題を提起します。

・Affinity(親近感を示す)次に、街頭インタビューで街の人たちに意見を聴き、“夏は薄着になるから体のラインが気になる”“腹部の肉が恥ずかしくて、ちびっことプールに行けない”等、問題を語ってもらいます。

“街の人”というのは、視聴者に近い立場ですので、“同じ問題を抱えている人がこんなにいるんだ!”と“親近感”を示します。

・Solution(克服策)スタジオに戻って司会者が“こんな問題をお持ちのみなさん、心配はいりません。

ダイエットの強い味方になってくれるのが、この度案内する納豆ですのです!”と解説していき、克服策を提示するのです。

・Offer(提案)より視聴者の反応を獲得する為に、VTRを見せたり、研究者などの権威性のある人物が解説したりして、信用度を上げていきます。

より一層、被験者が実証実験して結論を公開することによって、その効力を視覚的に伝えます。

より一層、出演者が納豆クッキングを試食して、“納豆が苦手だとしても、このクッキングはオイシく食べられる!”“こんなにオイシくてダイエット出来るの!?”という反応を見せ、“これなら自分も続けられそう”と視聴者の心を動かしていくのです。

・Narrowing down(絞り込み)番組はこれで終わりですが、この番組の視聴者は、その回で案内された食材が、次の日には何処のスーパーだとしても売り切れてしまうことを知っています。

それによって、緊急性や限定、絞り込みの効力が出るのです。

・Action(行動)そして、“早速に買いに行かないとなくなってしまう”と、行動に移すことなってす。

こみたいに、多くの視聴者が新pasonaの法則に似た構成の番組に惹かれて、スーパーから案内された食材が品切れになる、という現象がありのままに起きていたのです。

つまりは、新pasonaの法則に従ってコピーライティングを行なうと、それだけのキャパシティーを発揮したケースではいうことです。