「5つの質問」の必要性

品物やサービス等を市販製品する際は、コピーライティングによって品物のメリットを伝えようとするでしょう。

そのコピーライティングを行なう時に、より優れたものを書く為には、まず、その品物のコンセプトを明確にすることが重大です。

コピーライティングを効力的に進めるには、新pasonaの法則に従って書くことが重大です

ただ、新pasonaの法則にヒントをもらう前に、“5つの質問”に答えることで、自分が売る品物やサービスが、“どんなお客さんの為に、どんな目標で、どんな使命が果たせるのか”ということを明らかに出来るようになります。

それでは、5つの質問に対して詳しく解説します

“自分の品物の特徴を20秒以内で解説しなさい”という質問を答えるには、自分の品物のことを十分に把握している必要が有ります、。

これによって、この質問を答えることによって、自分の品物を市販製品するためのポイントを明確することが出来るのです。

“容易な解説で欲しがるお客さんはどんな人か?”という質問に答えるには、品物を手に確保するターゲットを絞ってかんがえられるようになります、。

“既存客は、なぜ自分の品物を選定してくれたのか?”という質問をかんがえると、ライバル会社との差異を明確にすることが出来ます、。

自社の強みやオリジナル性をかんがえ、市販製品するためのセールスポイントを見つけ出すことが出来ます。

“お客さんが抱える怒りや不安、問題は何か?どんなことに対して強い欲求をもつか?を五感を用いて描写しなさい”という質問をかんがえると、お客さんになる人の問題や欲求を明確にして、それに対してピンポイントで訴えられるようになります、。

お客さんは、まず、品物があったら嬉しいのではなく、品物によって手に入れられる“未来”を求めているのです。

その未来を把握することが重大です。

“なぜお客さんの問題を容易に克服出来るのか?その答えに対して、お客さんはどんなことを疑うか?その疑問を克服するための具体的な証拠は何か?”という質問を答えることで、買入してもらう後押しが出来るようになります、。

コピーライティングを学ぶ意味

コピーライティングを学ぶ上で、たいへん参照になるのが“新pasonaの法則”です。

新pasonaの法則を学んで、それに沿って書いていくことで、売れるセールスレターになると言われています。

では、そもそもコピーライティングはなぜ学んだ方が良いのでしょうか?コピーライティングというのは世間一般的に、“物を売ったりお金を稼いだりするための手並み”と思っている人が殆んどでしょう。

そんなメリットも有りますが、それ以外にも多くのメリットが有ります。

それでは、コピーライティングを学ぶ意義に対して取り上げます。

ネットビジネスでは、コピーライティングは“絶対に修得する必要のあるスキル”と呼ばれることも有ります。

そのこともあり“品物がいっぱい売れるようになる”“品物をメリット的に伝えられる”“メルマガで反応がもらえる”等、外装的なスキルのことだと認識している人も沢山です。

ですが、コピーライティングのそもそもの姿というのは、“センテンスによって想いの全てを伝える手並み”ですのです。

これは、“センテンスを書くことが上手い”ということではなく、“読み手の心に響くセンテンス”とかんがえられます。

コピーライティングだけを学んだ人は、学んだスキルをやたら使おうとして、不自然で意義の分からないセンテンスになることが沢山です。

小説だとしてもやうですが、文法や構成が少しおかしいところがあっても、読み手にとって、関心を惹いたり面白いと感覚たり心を動かせば、その小説は手に取ってもらい買ってもらえるのです、。

そして、そんな小説を書く作家は、読み手の心に突き刺さるセンテンス力をもっているのです。

こみたいに、達成するためのコピーライティングには、総合的なセンテンス力も必要ですのです。

そして、これを会得している人は少なく、会得できているのなら、すでに結論が出ているはずです。

これによって、コピーライティングを学ぶことだけかんがえるのではなく、人に想いを伝えるためのセンテンス力を磨き、信頼感を得られるセンテンスを書くことが重大ですのです。