新pasonaの法則の6つの要素

新pasonaの法則に沿ってコピーライティングすることによって、お客さんの目に留まる広告文が書けるようになります

それでは、新pasonaの法則の6つの要素に対して詳しく解説していきます。

・“Problem”問題を提起する

お客さんが達成したいと思っている欲求や、抱えている問題を提示するのですが、この時、品物を買ってくれるお客さんの理想像をはっきりとしておきましょう。

“お客さんの避けたいと思っている痛みは何か?”“お客さんが叶えたい欲求は何か?”という情報を初めに提示するのです。

・“Affinity”親近感を示す。

問題の提起で、お客さんの問題や欲求は、自分も同じようにもっていることを、五感を使ったり物語にしたりして表現するのです。

本質的に、お客さんはセンテンスをリーディングことが面倒くさくてす。

そこで、五感を用いたり物語性のあるセンテンスにすることによって、お客さんが関心をもって楽しく読んだとしてもらう為に効力的ですのです。

より一層、“常連の気味はよく分かります”という一言を加えるだけで、親近感や信頼感を与えることが出来ます。

・“Solution”克服策を提示する。

お客さんの問題を克服する手法や、お客さんの欲求を満たすことが出来る手法があることを伝えます。

旧バージョンのpasonaの法則では、“提案”を意義する“Offer”までここに含有されていましたが、新pasonaの法則では、シンプルに克服策があることを提示します。

・“Offer”提案する。

克服策を具体的に案内して、イロイロな要素を提示し、自分のところで買入することによってお得な特典が得られることを勧めます。

SolutionとOfferを分けることで、自分のところで買入してもらうことを強調出来るのです。

・“Narrowing down”絞り込む。

提案を受け入れてもらい、問題が克服するための要素を提示します。

例えば、“在庫がわずかので、急いで買入しないと、その克服策を手に入れることができなくなってしまう”といったように絞り込むのです

・“Action”行動を活発化する。

この流れのまま、お客さんに行動してもらうように、“お申し込みは今すぐ!”というひと押しの言葉を使用して買ってもらうように促します。

この流れでコピーライティングすることによって、リーディング人が引き込まれる広告文が書けるようなってす。

「5つの質問」で商品コンセプトを明確化

品物やサービスの広告文を書く上で、コピーライティングの型をまとめた“新pasonaの法則”に従ってセンテンスを創ることで、お客さんの目を惹くセンテンスが書けるようになります。

ですが、新pasonaの法則でセンテンスを書く前に、ここで取り上げる5つの質問に答えられるようにしておくことも重大です。

自分の品物はどんな特徴があるか、2つの特徴を直感で分かるように20秒以内に解説してください、。

品物の特徴を20秒以内で容易に解説しただけで、売ってほしいとお願いされるお客さんはどんな人ですか?3、既存のお客さんは、なぜ自分のところの品物を選定して買ってくれたのですか?4、お客さんは、どんなことで怒りや問題、不安を感覚ているのですか?又、どんな欲求をもっていますか?お客さんがそんな感情をもつ実景を、五感をつかって描写してください、。

自分の売りたい品物は、お客さんが抱える問題をあっという間で容易に克服することが出来ますか?“あっという間”“容易”というフレーズを聞いて、お客さんはどんな疑問を持ちますか?そして、その不信感を払拭する具体的かつ圧倒的な証拠は何ですか?この5つの質問は、どれもお客さんの目線になっており、1から5の質問に進むにつれて、よりお客さんの立場を掘り下げた質問になっていることが分かるとおもいます、。

品物を売る時に重大なのは、品物をアピールすることによってはなく、“お客さんの立場”でかんがえることです。

これは、ビジネスに限ったことでなく、どんな実景での人間関係だとしても、“相手のことをおもう”というのは、殆んどの人が気を付けていることだとおもいます。

ですが、営業マンが品物を必死に売ろうセールストークしたり、セールスレター等を頑張ってコピーライティングしたりしようとしたケースでは、品物の良さをアピールしているだけで終了してしまうことが有ります。

これによって、お客さん目線を重視して伝える為には、新pasonaの法則とセットで、ここで案内した“5つの質問”を取り入れることが重大なってす。