藤井聡太四段の素顔

将棋の公式戦の棋戦で見る藤井聡太四段の顔は勝負師の顔です。

それは当然ですのですが、日常の素顔はどうですのでしょうか

たいへん気になるところです。

当然、藤井聡太四段は中学生ですので、学校にテレビが入るこというのはまずないでしょうし、プライベートなムービーも大半有りません

ただ、インターネット等を見ると、本当かどうか分からないような情報がいっぱい記載されています。

噂が噂を読んでいる状況です。

当然、そんな話に関心を持っている人が少なくないこというのは想像出来ますが、藤井聡太四段は将棋をやっている時の姿が本当の姿だとかんがえるべきでしょう。

将棋ができなければただの中学生に過ぎないのです。

頭の回転は速いかも知れませんが、ゲームがちょっとうまいくらいだったかも知れません。

現代はスマホが普及して、ゲームや音楽だけでなく将棋もじっくりと指すことが出来るようになりました。

藤井聡太四段に限らず、誰だとしても電車のなかで将棋を楽しむことが出来るのです。

彼にあこがれている小学生ならゲームを止めて、オンラインの将棋対戦をやってみては如何ですかか。

経験することによって確実に強力になっていくのはスポーツ競技と同じです。

将棋だけが特になことではないのです

当然、プロになる為には小さな時からちゃんと指導を受けておかなければ難しいでしょう。

ただ、地方の将棋大会等も開かれていますから、まずは小学生の部で上の方入賞を果たしましょう。

藤井聡太四段の性格


藤井聡太四段の情報サイトには正確に対して、少し記述が有ります。

ちっちゃい時から負けず嫌いで、将棋の対戦で負けた時にその場で大泣きして動かなかったという話も有ります。

当然、それだけ勝負にこだわっていたのでしょうが、年齢とともに勝ち負けを冷静に振り返ってみることが出来るようになったのではないかと推測されます。

大泣きしたところで負けの収穫が変わるわけではないからです

多くの将士は冷静に盤面を見ています。

大人であるのなら当然でしょうが、中学生の段階で落ち着いて対局出来る時点で段階の高さを感覚ることでしょう。

藤井聡太四段のテレビ対局を見ることがあれば、その表情や姿勢を確認してちょうだい。

落ち着いているかどうか分かるはずです。

勝負の流れというのは関係なく落ち着くことが出来るだけで優位に立つことが出来るでしょう

そして、それが自然になっているからこそ、プロ将士として連勝記録を塗り替えることができたのです。

人の性格を知ったところで、それを自分に当てはめるこというのは無理ですので、自分の性格で何が不足しているかをかんがえることがキーポイントです。

それを見る為に藤井聡太四段を参照にするのです。

優れた人を見れば自分の未熟さが見えてきます。

当然、それを素直に認めることができたら、それだけであなたも良い感覚の人物なのかも知れません。

現実には多くの人は勘差異したまま一生を過ごしています

その方が幸せな一生なのかも知れません。