藤井聡太四段の成績

将棋界でトピックされるようになった藤井聡太四段ですが、連勝記録を更新するまでの成績もかなり優秀です。

小学生の時からテレビ局が目をつけてカメラを回してきました。

当然、連勝記録を作ったことだけで終わりというわけでは有りませんから、以降の大大活躍が期待されるところです。

さて、藤井聡太四段がプロ将士になるまでの主な成績を紹介しましょう。

私たちは紹介出来るような成績があるだけだとしてもすごいとおもいます。

幼稚園の時に祖父から将棋を習い、その後小学生低学年の時に全国大会の将棋戦で優勝しています。

この時からすでにトピックされていたのですが、幼稚園の時にアマ初段となり東海研修会に入会しています。

通常に見れば、この時点で将来はプロ将士になることが運命づけられていたとかんがえていいでしょう。

その時は何歳でプロ将士になれるかにトピックが集まっていたはずです。

中学生の14歳でプロ将士になったのですが、近頃では谷川浩司、羽生善治等と比較されることが少なく有りません。

それだけ中学生のプロ将士は優秀ということでしょう。

将棋のワールドでは公式戦の棋戦等である程度の成績を修めると段位があがります。

そして四段になった時点でプロ将士となるのです。

当然、必ずプロにならなければならないわけでは有りませんが、今まで自分が頑張ってききたことで認められたのですので、迷わずプロ将士になったのです

その後の連勝記録は本人も予想していなかったかも知れません。

同じ相手だとしても勝てないケースではがあるからです

藤井聡太四段の得意技


世のなかには多様な競技が有りますが、そのなかで強い人は自分の得意技を持っています。

将棋のケースではも同じで、得意とする陣形があるのです。

一番トピックされている藤井聡太四段の将棋は如何ですかか、。

得意なのは居飛車と言われていますが、連勝の将譜を見ると分かるように、悪手が大半なく、相手の悪手を素急いで突いてくるところが特徴的です。

当然、それだけで勝てるほど単純な話では有りませんが、自分が攻撃しながら相手のスキを突くことができなければ連勝するこというのは難しいのでしょう

藤井聡太四段の連勝が止まったことで将棋へのトピックはより一層高まった感が有ります。

それは、今度はどんな将棋を見せてくれるかという期待があるからです。

藤井聡太四段がニホン中でトピックされているのは近頃のことですが、将棋界ではもっと前からトピックされてきました。

テレビ局も小学生の頃から記録を始めていました。

将棋は年齢とともに経験を積むことが出来ますが、それだけではトピックを集めるほどの強さを出すこというのは出来ません。

本人の素質も有りますし、プライベートの日常でも努力が実を結んでいるはずです。

将棋の試合をいつもテレビで見ていると晴れ舞台ばっかりですが、藤井聡太四段を含めた多くの将士たちがちびっこの時からの頑張りを見せているのだとかんがえてちょうだい。

得意技の将棋だけで連勝出来るほど容易なゲームではないのですから、対戦の相手ごとで柔軟な対応が出来るかどうかが勝負の分かれ目ですのでしょう。