藤井聡太四段の記録

藤井聡太四段がトピックされるようになった連勝記録に対して解説しましょう。

プロ将士になってからの連勝記録を67年ぶりに塗り替えたことが、がい当する記録ですが、これは公式戦の棋戦だけの連勝記録です。

将棋のワールドでどんな大会が開かれているか知っている人は将棋ファンだけでしょう

藤井聡太四段がプロ将士になったのは2016年10月で、プロとしての公式戦の棋戦は12月24日の加藤一二三九段との対戦でした。

この対戦の勝利で公式戦の棋戦出場と勝利の最年少記録を塗り替えています。

今までの記録保持者が加藤一二三九段であったことで運命的なものを感覚る人もいるでしょう

最年長者と最年少者の対決から始まった29連勝だったのです。

加藤一二三九段はその後プロ将士としての生活は終了しましたが、藤井聡太四段がトピックされたことでテレビ出演が増加しているやうです。

プロ将士となってから連勝記録は今まで長く破られることが有りませんでしたから、多くの人がトピックするようになりました。

将棋のケースでは、1回の対戦では10時間以上に及ぶこともあり、体力的、精神的にシビアな戦いになることが少なく有りません。

公式戦の棋戦の連勝記録と強調されているのは、テレビ番組等で対戦しており、その時には負けているからです

ただ、公式戦の棋戦でちゃんと勝つことができている点をかんがえると、将棋の完結度は高いと言われています。

連勝はスTOPしたとしても、以来の大大活躍が大いに期待されるところです。

これを励みにして他のちびっこたちも頑張りたいと思っていることでしょう、。

藤井聡太四段とテレビ


藤井聡太四段の小学校からの軌跡を記録したテレビの特番が放送されました。

これは連勝記録を更新したことを受けて、急きょ決まったやうですがテレビ局では小学生の時から藤井聡太四段にトピックしてきたのです

当然、その当時から大会等では目立った成績を残しており、その後の成長が望めると判断されたのでしょう。

その通り、大記録を打ち立ててくれました。

番組の担当者は感無量だったことでしょう。

藤井聡太四段の公式戦の棋戦での様子は当然テレビ放送されていますが、そんな姿と比べると日常生活でしょう。

日頃はどんなことをしているのか気になるところだからです

本質的には将棋にかんするシーンが沢山のですが、プロ将士に対してアドバイスをしている小学生の様子は将来の大記録が当然とおもえることでしょう。

連勝記録がトピックされるようになってからの行動と比べると、今までの生活がキーポイントです

同じ年代のちびっこを持っている親にとっては、しつけの参照にしたいとかんがえるからです。

当然、自分のちびっこをプロ将士にしたいと思っているわけではなく、少しだとしても参照になればいいとおもうのでしょう。

一芸に秀でた人は多くの人のトピックを集めます。

そして、その生活に密着してきた記録もテレビ番組として放送されることが少なく有りません。

藤井聡太四段の連勝記録は途絶えましたが、以来の大大活躍が大いに期待されるのです。

これによってテレビ局のカメラは以来も、彼を追いかけていくことでしょう。