藤井聡太四段の戦績

将棋の公式戦の棋戦連勝記録として歴代最多の29連勝を上げた藤井聡太四段のこというのはニホン中の人が知っているでしょう。

当然、将棋の詳しいこというのは知らなくても、藤井聡太四段が中学生として多くの人の期待に応えてくれていることに感激しているのです。

さて、29連勝をした具体的な戦績を振り返ってみましょう。

初戦は2016年12月24日の竜王戦で加藤一二三九段との対決でした。

この勝利はプロ公式戦の棋戦初勝利となりました。

その後は多様な公式戦の棋戦で連勝を続けました。

プロ将士になると年齢は関係有りませんから、藤井聡太四段と比べると多くの経験をしてきた人たちばっかりです。

それだとしてもちゃんと落ち着いて自分の将棋を貫くことができたことで、連勝を続けていけたのでしょう。

最後は佐々木勇気五段に敗れてしまいましたが、いずれ、連勝は止まるのですので、記録を更新したことだけだとしても十分だったのでしょう。

まだ、14歳という年齢ですので、以来の大大活躍が大いに期待されるところです。

同じ年代の中学生や小学生も藤井翔太四段を目標として、将棋を始める人もいるでしょう。

当然。

将棋だけでなく自分がやりたいスポーツ競技やスタディーを頑張ればいいのです。

今までは無名だった中学生が一気にニホン中のトピックを集めていますが、数年毎に将棋の新しい若手が出現しています。

それが今年は藤井翔太四段だっただけだとかんがえることも出来ます。

将棋に関心がある人は、以来もプロ将士の大大活躍に目が離せないことでしょう。

藤井聡太四段の幼少期


ニホン中のトピックを集めている藤井聡太四段に対して、多様な情報が有ります。

そのなかには幼少期はどんなちびっこだったのかというトピックも有ります。

当然、それに関心があるのは同じ年代のちびっこを持っている親でしょう。

自分のちびっこをプロ将士にしたいとかんがえているわけではなく、藤井聡太四段を子育ての参照にしたいと思ってしまうからです。

こんな話は将棋だけでなくスポーツ競技や芸術等多様なカテゴリーの話が有ります。

個々、親や祖父母から幼少期に手ほどきを受けて、メキメキと上達していったのです。

当然、本人の才能だけでなく努力や周辺の人の協力がなければ成し遂げられないことがいっぱい有ります。

幼少期の情報を読んでいる人は、自分のちびっこをプロ将士にしたいとかんがえているわけではなく、そんな生き方を参照にしているだけです。

テレビ等でトピックされている人は全体から見ればごくわずかであって、そのなかに自分のちびっこを見つけたいはおもいません。

ただ、将棋はじっくりとかんがえるゲームですので、落ち着きのないちびっこには教えたいとおもうことでしょう。

これによってのヒントとして幼少期の生活があるのです

生まれた時から才能を持っている人がいるのではなく、幼少期の生活が大きく影響しているこというのは多くの人が証明しています。

ただ、自分のちびっこはプロにならなくてもいいから、時には父親とじっくり将棋を指したりしてほしいと思っているお母さんは少なくないでしょう。