藤井聡太四段に対して

藤井聡太四段と聴けば、近頃ではニホン中の多くの人が知っている中学生となりましたが、少し前までは将棋界の人以外は知らなかったのです。

既にごぞんじかも知れませんが、藤井聡太四段の今までの大大活躍を紹介しましょう。

2016年12月24日の加藤一二三との公式戦の棋戦で勝利してから、公式戦の棋戦で29連勝を記録し、将棋の連勝記録を67年ぶりに塗り替えた中学生としてトピックされている時の人ですのです。

当然、将棋に限らず、連勝記録はいずれ破れてしまうのですが、若手の台頭が多くのちびっこたちにトピックされるようになりました。

ちびっこを持つ親は藤井聡太四段を見習い、将棋を習わせようとかんがえているのかも知れません。

当然、連勝する前から将棋界ではトピックされた若手でした。

小学生の将棋大会で優勝する等、その時点で将来が有望視されていました。

その後、最年少でプロ入りを果たして、四段になってから公式戦の棋戦で大記録を打ち立てたのです。

現代の若者の多くはスマホやパーソナルコンピュータ等を活用して、過去の将譜をちゃんと頭に入れていると言われていますが、将棋盤を前にして、そのことをおもい出して最適な手を打てるかどうかが勝敗を分けるのかも知れません。

当然、将棋は1手で全部が決まるほど単純なゲームでは有りませんし、状況によって形勢が逆転することも少なく有りません。

藤井聡太四段のケースではは、その時点での最適な手をちゃんとかんがえており、ミスがわずかと言われています。

それが収穫的に勝利につながるのでしょう。

藤井聡太四段の特徴


近頃、ニホンで最もトピックされている中学生は藤井聡太四段でしょう。

当然、将棋界の若きポープですし、67年ぶりに公式戦の棋戦連勝記録を更新しました。

ただ、いきなり大記録を打ち立てたわけではなく、小学生の頃からトピックされていました。

将棋に関心がない人には情報が伝わっていなかっただけです。

小学生の時には関東地区で開かれていた全国大会の将棋戦の低学年の部で見事優勝しています。

幼少の時から続けてきた将棋が現代の藤井聡太四段を作っていると言っても間差異ないでしょう。

藤井聡太四段の将棋は以来も変化していくかも知れませんが、現時点での特徴を紹介しましょう

これも多様なサイトや将棋雑誌に記載されています

得意は居飛車ですが、相手によって柔軟な対応をしますし、悪手の少なさが収穫的に勝利につながっていると言われています。

将棋には幾らかのケースが有りますが、序盤、中盤と手堅く攻守のバランスを取りながら、最後には一気に攻める技が得意です。

当然、今までの多くの将士の技を見てきていますから、柔軟な対応を可能とする手厚い将棋が得意ですのでしょう。

藤井聡太四段に対しては、今までの多様なエピソード情報が有りますが、まだまだ以来大大活躍していく若手ですので、現時点で将棋の型が完結されていると見るべきでは有りません。

以降の大大活躍を期待したケースともに、今の小学生、中学生が将棋に関心を持ってもらいたいと関係者は願っていることでしょう。